1. TOP
  2. 玄場公規 研究業績

玄場公規 研究業績

著作

編著

『ファミリービジネスのイノベーション = The Innovation of Family Business』 白桃書房(2018/5/11)

単著

  1. 『理系のための企業戦略論』 日経BP社(2004/9/16)
  2. 『イノベーションと研究開発の戦略』 芙蓉書房(2010/9/1)

共著

  1. 『新規事業創出戦略―「産業創出・技術進化サイクル論」による事例分析』 生産性出版(2000/12月) 児玉 文雄 (著), 玄場 公規 (著), 科学技術と経済の会 (監修)
  2. 『製品アーキテクチャの進化論―システム複雑性と分断による学習』 白桃書房(2002/6月) 柴田 友厚 (著), 児玉 文雄 (著), 玄場 公規 (著)
  3. 『ペイオフ対策のための金融機関評価と選択―預金保護対策の基本と実践』 生産性出版(2004/3月) 杉山 敏啓 (著), 玄場 公規 (著)
  4. 『環境地球マネジメント入門―地球環境問題におけるモデリングとマネジメント』 白桃書房(2005/9月) 松村 寛一郎 (著), 玄場 公規 (著)
  5. 『環境経営のイノベーション』 生産性出版(2006/9月) 天野 明弘 (著), 松村 寛一郎 (著), 國部 克彦 (著), 玄場 公規 (著)
  6. 『大阪・八尾発 50年後も輝く中小企業―事例に学ぶ事業継続力』 日刊工業新聞社(2008/11月) 玄場 公規 (著), 石田 修一 (著)
  7. 『ビジネス統計 統計基礎とエクセル分析(ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析スペシャリスト対応)』 オデッセイコミュニケーションズ(2015/5/25) 後藤正幸 (著), 辻本将晴 (著), 玄場公規 (著)
  8. 『Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎 ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析ベーシック対応』 オデッセイコミュニケーションズ(2016/9/2) 玄場 公規 (著), 湊 宣明 (著), 豊田 裕貴 (著)

論文

査読付学術論文

  1. K Nishioka, K Gemba, K Uenishi, Competitive strategy of family businesses through CSV–case study of a family business in Mie Prefecture, Japan, International Journal of Business and Systems Research,12(2), 226-241, 2018
  2. Hiroyuki Nagano,Shuichi Ishida, Kiminori Gemba, Exploratory research on the mechanism of latecomer advantages in the Asian LCD industry, International Journal of Technology Management, 75(1-4), 208-233, 2017
  3. 西岡 慶子,玄場 公規 , 上西 啓介 , 加賀 有津子,老舗企業のCSV戦略による地域活性化 : 共通価値の創造が日本を元気にする,地域活性研究 8, 78-87, 2017
  4. Y Goto, K Gemba, Implicit patent alliance acquiring the appropriability of innovation, International Journal of Technology Management, 71(3/4), 186-211, 2016
  5. 八代 律子 , 玄場 公規 , 石田 修一, 看護師の離職問題に関する研究 : アンケート分析に基づく離職の要因分析,日本経営システム学会誌 33(2), 175-181, 2016-11
  6. 長野 寛之 , 石田 修一 , 玄場 公規,後発優位メカニズムにおける液晶パネルとプラズマパネルの比較、日本経営システム学会誌 32(3), 283-291, 2016-034
  7. 手島 真央 , 玄場 公規 , 小田 哲明 ,行政・民間企業が取り組むべき日本国内におけるNPE・PAE対策のあり方に関する考察,日本知財学会誌 13(1), 81-94, 2016
  8. Y Goto, K Gemba, S Ishida, Patent strategies for ensuring the appropriability of innovation: case studies of inkjet printers and DVD drives, International Journal of Business and Systems Research,9(4),334-354, 2015
  9. T Hasegawa, K Gemba,Self-sustainability of emerging hydrogen refuelling stations and FCEVs in Japan, International Journal of Business and Systems Research,9(4),375-393, 2015
  10. H Zhang, C Takanashi, K Gemba, S Ishida, Empirical Research on the Influence of Negative Electronic Word-Of-Mouth on Brand Switching Behavior, World Journal of Management, 6(2),46-61,2015
  11. 後藤 吉正 , 玄場 公規,知的財産戦略によるイノベーションの専有可能性 : インクジェットプリンタの暗黙の知的財産同盟,日本知財学会誌 12(1), 50-83, 2015
  12. 後藤 智 , 玄場 公規 , 石田 修一,意味と技術の関係 : 意味の定量的評価,日本経営システム学会誌 30(3), 245-250, 2014-03
  13. T Suzuki, K Gemba, A Aoyama ,Identifying customer satisfaction estimators using review mining, International Journal of Technology Marketing,9(2),187-210, 2014
  14. 品川 啓介 , 玄場 公規 , 阿部 惇,プロセスイノベーションの製品開発における役割の定量的実証研究 : 青色発光ダイオード開発を例に,ビジネスクリエーター研究 5, 43-55, 2014-02
  15. Satoru Goto, Shuichi Ishida, Kiminori Gemba ,Kazaru Yaegashi, The Interaction between Design Research and Technological Research in Manufacturing Firm, Smart Manufacturing Innovation and Transformation: Interconnection and Intelligence,226-251,2014
  16. T Natsukawa, K Gemba, S Ishida ,The timing of interorganisational collaborations in an emerging biopharmaceutical field: evidence from Japan in comparison to the remaining RNAi field, Technology Analysis & Strategic Management,25(5), 583-597,2013
  17. H Nagano, S Ishida, K Gemba , The mechanism of the late mover advantage in mid-product for the electronics industry: a case study on CRT, International Journal of Business and Systems Research,7(3), 229-249, 2013
  18. 品川 啓介 , 玄場 公規 , 阿部 惇,科学知識の爆発とプロセスイノベーション : 青色発光ダイオード製品開発研究の定量分析,研究 技術 計画 29(2_3), 200-213, 2014
  19. N Shikata, K Gemba, K Uenishi, A competitive product development strategy using modular architecture for product and service systems, International Journal of Business and Systems Research, 7(4), 375-394, 2013
  20. 長野 寛之 , 石田 修一 , 玄場 公規,電子デバイス事業における後発優位のメカニズム : 液晶事業を事例として,多国籍企業研究 (6), 63-86, 2013-07
  21. 山﨑 泰明 , 玄場 公規,食品業界のファミリービジネスによる新市場創造とロングセラー商品のマーケティング戦略, 市場創造研究 : 研究論文集 2, 41-50, 2013-03
  22. 長野 寛之 , 石田 修一 , 玄場 公規,ディスプレイ産業のグローバルシェア変遷要因に関する考察 : 日本のCRTが液晶と比較して長く生き残った要因の分析, 日本経営システム学会誌 29(3), 257-265, 2013-03
  23. 志方 宣之 , 上西 啓介 , 玄場 公規,製品標準化戦略による製品とサービスを融合させたビジネス : 義肢装具ビジネスの事例,日本経営システム学会誌 29(2), 147-152, 2012-11
  24. 榊原 洋実 , 石田 修一 , 玄場 公規,研究開発型ベンチャー企業の将来価値に応じた経営権配分モデルと段階的資金調達への適用, 日本経営システム学会誌 29(2), 113-121, 2012-11
  25. 夏川 隆資 , 玄場 公規 , 石田 修一,バイオ医薬産業の創成期における組織間連携 : 適時性および日本と海外の違い,日本経営システム学会誌 29(1), 49-55, 2012-07
  26. 志方 宣之 , 玄場 公規 , 上西 啓介,製品にサービスを組み合せたビジネスの競争優位性 : 介護保険制度下の電動ケアベッドレンタルビジネスの事例,研究 技術 計画 26(3_4), 209-219, 2012
  27. 青木 彦治 , 玄場 公規,グローバルR&Dに期待される成果とそのマネジメント–日本企業のイノベーションレベルの事例を分析して,日本経営システム学会誌 28(1), 37-50, 2011-07
  28. 小田 哲明 , 玄場 公規 , 石田 修一,新潟県の知財による地域活性–産官学連携の成果,日本経営システム学会誌 27(2), 71-76, 2010-11
  29. 田平 由弘 , 石田 修一 , 玄場 公規,日本MOT学会による査読論文(2010-4) 人材とともに外部技術を獲得し活用する商品開発プロセスの研究–iモードとiPodの事例より,技術と経済 (520), 57-67, 2010-06
  30. 坂本 直道 , 安野 拓也 , 玄場 公規 , 松宮 裕介 , 林 正裕放電プラズマ焼結法によるシリコン研削スラッジの高純度化, ,粉体および粉末冶金 57(3), 152-157, 2010-03-15
  31. 小田 哲明 , 杉光 一成 , 玄場 公規,職務発明の対価の額とそれ以外のインセンティブによる技術者評価方法, 知財管理 59(9), 1175-1183, 2009-09
  32. 小田 哲明 , 玄場 公規,戦略的経営に資する特許分析フレームワーク,日本経営システム学会誌 25(2), 47-52, 2009-03
  33. Tetsuaki Oda, Kiminori Gemba Katsumori Matsushima, Enhanced co-citation analysis using frameworks, Technology Analysis and Strategic Management, 20(2),217-230(2008)
  34. 田平由弘,石田修一,阿部惇,玄場公規,製品開発における外部資源活用と知識蓄積,日本経営システム学会誌 24(2),71~80 (2008)
  35. 森本智史, 玄場公規,家庭用エネルギー分野における破壊的イノベーションの定量分析, MOT学会(技術と経済), 479,p33-37 (2007)
  36. Yuriko Nakao, Akihiro Amano, Kanichiro Matsumura, Kiminori Genba, Makiko Nakano, Relationship between environmental performance and financial performance: an empirical analysis of Japanese corporations, Business Strategy and the Environment.,6(2),106-118 (2007)
  37. Nakao Y, Nakano M, Amano A, Kokubu K, Matsumura K and Gemba K, Corporate Environmental and Financial Performances and the Effects of Information-based Instruments of Environmental Policy in Japan, International Journal of Environment and Sustainable Development, 6/1,95-112 (2007)
  38. 小田哲明、玄場公規、共引用分析による特許価値の推移、研究計画, 20(4),345-354(2007)
  39. Lee JJ, Gemba K, Kodama F, Analyzing the innovation process for environmental performance improvement, TECHNOLOGICAL FORECASTING AND SOCIAL CHANGE, 73 (3): 290-301 (2006)
  40. Suzuki J, Gemba K, Tamada S, Yasaki Y, Goto A ,Analysis of propensity to patent and science-dependence of large Japanese manufacturers of electrical machinery, SCIENTOMETRICS, 68 (2): 265-288 (2006)
  41. Tamada S, Naito Y, Kodama F, Gemba K, Suzuki J ,Significant difference of dependence upon scientific knowledge among different technologies, SCIENTOMETRICS, 68 (2): 289-302 (2006)
  42. Kiminori Gemba, Fumio Kodama, Hirohisa Ogawa, A Quantitative Analysis of Modularization in the Automobile & PC Industries, Technology Analysis and Strategic Management,17/2,231-245(2005)
  43. 玉田俊平太、児玉文雄、玄場公規「日本特許におけるサイエンス・リンケージの測定 : 引用文献データベース構築による遺伝子工学技術分野特許の分析」研究技術計画,17, (3/4) ,222-230 (2004)
  44. 玉田俊平太、児玉文雄、玄場公規「重点4分野におけるサイエンスリンケージの計測(下)そのインプリケーションと限界」情報管理,47(7)、p455-462 (2004)
  45. 玉田俊平太、児玉文雄、玄場公規「重点4分野におけるサイエンスリンケージの計測(上)サイエンスリンケージ–その意義と計測法」情報管理,47(6)、p393-400 (2004)
  46. Kiminori Gemba and Fumio Kodama, Diversification Dynamics of the Japanese industry, Research Policy , 30/8, pp 1165-1184 (2001)
  47. Masayuki Osaki, Kiminori Gemba and Fumio Kodama, Market Growth Models in Which the Potential Market Size Increases with Time, Technology Management in the Knowledge Era, pp788-796 (2001)
  48. 馬場敏行、玄場公規「裾野産業の発展度の定量化分析~ASEAN4、韓国、日本を対象にして~」産業連関,28-37 (2001)
  49. 馬場敏之、玄場公規「インドネシア自動車産業の産業システム高度化進展度に関する分析」、研究技術計画、16(1/2)、71-82 (2001)
  50. 野口直平、玄場公規、児玉文雄「化学分野の大型プロジェクトにおけるマネジメント-需要表現による分析-」、研究技術計画、16(1/2)、102-113 (2001)
  51. Toshiyuki Baba and Kiminori Gemba , A study on the competitiveness of the local industry for automotive parts in Indonesia, R&D Enterprise Asia Pacific ,3(4),16-23 (2000)
  52. Kiminori Gemba,Diversification of the Japanese materials industry, R&D Enterprise Asia Pacific, 3(3), 12-18 (2000)
  53. 玄場公規、新規事業創出戦略,2001年度組織学会年次大会講演集, 65-70  (2000)
  54. 玄場公規、児玉文雄:産業の多角化の動向と収益性との相関,一橋大学ビジネスレビュー,46(3), 65-74 (2000)
  55. 玄場公規、児玉文雄、わが国製造業の多角化と収益性の定量分析,研究技術計画,14(3),179-189 (1999)
  56. 玄場公規,岡田栄一郎,児玉文雄、政策融合と需要表現によるITS産業の創出,自動車走行電子技術協会20周年記念誌(自走協20周年記念懸賞論文優秀賞),9-14 (1999)

国際会議論文

  1. Yoshihiro Tabira,Shuichi Ishida,Kiminori Gemba, Atsushi Abe,”Open Innovator Management on Product Development: from the perspective of Technology and Strategy Integration as an Evolutionally Process”,The R&D Management Conference 2008
  2. Yoshihiro Tabira, Shuichi Ishida, Kiminori Gemba, Atsushi Abe “EXTERNAL RESOURCE UTILIZATION AND KNOWLEDGE ACCUMULATION IN PRODUCT DEVELOPMENT”,International Conference on Business & Information 2008
  3. Kiminori Gemba, Akira Goto, Jun Suzuki, Shumpeter Tamada, Indicator of the value of patents, SPRU 40th Anniversary Conference – The Future of Science, Technology and Innovation Policy (2006)
  4. Tetsuo Shiwaku,Kiminori Gemba,Yasutomi Nakano, ”Quality of Care ~Can IT improve Quality of Care?~ “,IJIE Busan Conference, The 7th annual international conference on industrial engineering, Korea,24-26 ,2002
  5. Tetsuaki Oda,Kiminori Gemba,Yasutomi Nakano, ”Patent Value Evaluation Using Option Theory”,IJIE Busan Conference The 7th annual international conference on industrial engineering, Korea,24-26 ,2002
  6. Kan-ichiro MATSUMURA, Kiminori GEMBA, Yasutomi NAKANO, Toshiaki ICHINOSE , Ryosuke SHIBASAKI, Asian Early Warning System For Food, ,Proceeding of 5th International Conference on Eco Balance, pp.783-786,2002
  7. Joosung J. Lee, Kiminori Gemba and Fumio Kodama, “Analyzing the Innovation Process for Environmental Policy Formulation,” 5th International Conference on Technology, Policy and Innovation, the Netherlands, June 26-29, 2001 .
  8. Takahisa Yamaguchi, Kiminori Gemba and Fumio Kodama, Quantitative Analysis of Business-Model, Proceedings of the Portland International Conference on Management of Engineering and Technology 02-21,2001
  9. Masayuki Tanemura Kiminori Gemba and Fumio Kodama: Dynamic analysis on the R&D of manufactures in Japan, Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on Management of Innovation and Technology,240-245,2000
  10. Haruhisa Ogawa Kiminori Gemba and Fumio Kodama: Analysis on supplier system of the automobile industry, Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on Management of Innovation and Technology, 771-776,2000
  11. Kanichiro Matsumura , Kiminori Gemba and Fumio Kodama: Is “construction” Core Competence of Steel Indusrty?, Proceedings of International Conference on Steel and Society, 325-329,2000

その他の論文等

  1. 玄場 公規,MOT 教育の重要性,開発工学 34(1), 25-28, 2014
  2. 玄場 公規,書評 榊原清則・辻本将晴・松本陽一著『イノベーションの相互浸透モデル : 企業は科学といかに関係するか』白桃書房、2011年3月,イノベーション・マネジメント -(9), 169-172, 2012
  3. 玄場公規,技術経営(MOT)の核心(第3回)イノベーション論、電気評論 電気評論社93(6)[2008.6] 61~65
  4. 玄場公規,平成20年度 環境負荷低減を指向したグリーン・サービサイジングに関する調査研究 (特集 日本産業機械工業会が実施した研究事業の概要) — (補助事業–補助元:財団法人JKA) ,玄場 公規, 産業機械 (707), 6-18, 2009-08
  5. 玄場公規,持続可能な企業成長を実現する環境イノベーション(<特集>イノベーションとサステイナビリティ),研究技術計画, 23(3), 220-226, 2009
  6. 玄場公規,平成19年度 環境負荷低減を指向したグリーン・サービサイジングに関する調査研究 (特集 日本産業機械工業会が実施した研究事業の概要) — (補助元:財団法人JKA) ,産業機械 (695), 12-20, 2008-08
  7. 玄場公規,技術経営(MOT)の核心(第3回)イノベーション論,電気評論 93(6), 61-65, 2008-06
  8. 玄場公規,グリーン・サービサイジング (特集 3R技術開発最前線),環境管理 43(7), 657-663, 2007-07
  9. 玄場公規,環境への取組みはビジネスから見直す (世界の環境は「いま」動く) — (ビジネスから変わる環境) 環境会議 宣伝会議 (通号 27) [2007.春] 180~185
  10. 玄場公規、東京大学のMOT教育の構想”,技術と経済431,(社)科学技術と経済の会,pp34-39,2003
  11. 玄場公規、2001、BOOKS in REVIEW(9)、ハーバードビジネスレビュー、26(7)、127-130,2001
  12. 松村寛一郎、玄場公規、児玉文雄:資金の環境に対する影響評価、日産科学振興財団研究報告書、Vol.24.,2001.8, 2001
  13. 玄場公規,児玉文雄:コンビニエンスストアのビジネスモデルの事例分析~需要表現からビジネスモデルへ~,ビジネスモデル学会研究報告集,1-1,1-10,2000
  14. 玄場公規,林正裕,松村寛一郎:機械部品・工具類のオークションサイトの事例分析,ビジネスモデル学会研究報告集,1-2,1-12,2000
  15. 玄場公規、環境産業と新規事業創出戦略、環境情報科学、30(1),54-56,2000
  16. 藤井 章博、玄場 公規、情報通信技術における事業戦略――インターネット・デファクトスタンダードの分析に基づいて、宮城大学事業構想学部紀要、3,p95-110,2000
  17. 玄場公規,児玉文雄:ファインセラミックスの異業種間競争と融合,セラミックデータブック,29-34,1999

国内口頭発表

  1. ヤング吉原 麻里子 , 玄場 公規 , 玉田 俊平太,スイスにおけるリサーチ・アドミニストレーターの制度設計(<ホットイシュー>イノベーション人材の育成と確保(2),一般講演) ,年次学術大会講演要旨集 30, 351-357, 2015-10-10
  2. 玄場公規,製造企業のサービス化と研究開発の収益性 (技術経営(戦略・R&Dマネジメント)(1),一般講演) ,玄場 公規 ,年次学術大会講演要旨集 30, 67-70, 2015-10-10
  3. 池畠 佑介 , 玄場 公規,宇宙旅行の市場予測(技術経営(事例・ビジネスモデル・事業化)(2),一般講演),年次学術大会講演要旨集 29, 749-752, 2014-10-18
  4. 玄場公規,不確実性の高いイノベーション創出のための科学技術政策(〈ホットイシュー〉第5期科学技術基本計画策定に向けた政策分析(2),一般講演) , 年次学術大会講演要旨集 29, 676-679, 2014-10-18
  5. ヤング吉原 麻里子 , 玄場 公規 , 玉田 俊平太,学際性を重視したイノベーション教育の先進事例 : スタンフォード大学Biodesignプログラム(<特集>研究開発における学際性),研究 技術 計画 29(2_3), 160-178, 2014
  6. 長野 寛之 , 石田 修一 , 玄場 公規,後発優位メカニズムにおける液晶パネルとプラズマパネルの比較 (統一論題 ビッグデータ時代の人材育成と経営システム),日本経営システム学会全国大会講演論文集 51, 192-195, 2013-12-07
  7. 山﨑 泰明 , 玄場 公規,ファミリー企業の継続性とイノベーションの源泉,経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2012f(0), 33-36, 2012
  8. 田平由弘,石田修一,玄場公規,阿部惇,「外部知識の活用による製品開発マネジメント -ダイバシティとイノベータ・マネジメント-」,第39回 日本経営システム学会 全国研究発表大会,中村学園大学,2007年12月8日-9日
  9. 松村寛一郎、玄場公規:グローバルリスクマネジメントシステムの構築、システム農学会要旨集、pp.93-94,2001.5
  10. 松村寛一郎、玄場公規、中野泰臣、一ノ瀬俊明、柴崎亮介:アジアにおける資源早期警戒モデルの構築、第3回年次研究大会政策メッセ2001 研究発表要旨集 p46,2001.12
  11. Kanichiro Matsumura and Kiminori Gemba :Global Risk Management on the WEB, Proceeding of Application Area of Internet Workshop on Asia Pacific Advanced Network and its Applications IWS 2000, 163,2000
  12. 野口直平、玄場公規、児玉文雄:化学分野における国家的技術開発プロジェクトのマネジメントに関する研究,研究技術計画学会第14回年次学術大会講演要旨集,69-75,1999
  13. 松村寛一郎、玄場公規:Global Risk Management Systemの在り方に関する研究,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,1999,77
  14. 稲員大吾、玄場公規:大型技術開発プロジェクトのマネジメントに関する研究,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,4,1999
  15. 岡田栄一郎、玄場公規:技術進歩による利用システムの変化を伴う利用システムの研究―マイクロマシン技術応用アプリケーションにおける事例―,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,18,1999
  16. 玄場公規:科学技術振興における政府の役割―イノベーションプロセスからの導出―,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,26,1999
  17. 長野綾子、玄場公規:覚書による省庁間の近似生,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,p57,1999
  18. 野口直平、玄場公規:化学分野における技術開発プロジェクトの多元性に関する研究,政策分析ネットワーク第一回年次研究大会研究発表要旨集,66,1999

所属学会・団体

ビジネスモデル学会、研究技術計画学会、組織学会

ビジネスモデル学会論文理事 , 研究技術計画学会編集委員 , 日本知財学会デザイン・ブランド戦略分科会幹事