1. TOP
  2. 新規事業創出
  3. Zoomミーティングで受講する コロナ禍に打ち勝つための第5回MBA 『新規事業創出ワークショップ』

Zoomミーティングで受講する コロナ禍に打ち勝つための第5回MBA 『新規事業創出ワークショップ』

第5回新規事業創出ワークショップ

本ワークショップは終了しました。

全国よりオンラインでご参加いただけます

第5回MBA「新規事業創出ワークショップ」を2020年8月29日[土]にZoomミーティングを利用したオンライン形式で開催いたします。

多くのビジネスパーソンよりご好評をいただいております『新規事業創出ワークショップ』は、これまで法政大学市ヶ谷キャンパスでのみ開催してまいりました。しかし、今回は全国から安心してご参加いただけますようオンライン形式のワークショップを企画いたしました。

ビジネス環境の急激な変化に対応できるような新規事業を創出していくことが求められています。是非ともご参加ください。

ねらい

未来洞察の手法などを用いて開発課題を見出し、自社のシーズと融合させた新規事業創出や社内ベンチャー設立のためのテーマ設定の方法論をワークショップ形式で無理なく学びます。

期待される成果

  • イノベーションや企業の戦略に対する根本的な考え方が変わる。
  • 新規事業や新製品(新商品、新サービス)開発の重要性が理解できる。
  • デザインシンキングなど新規事業の探索プロセスを学べる。
  • 予測・洞察・探索の違いを理解し、潜在需要明確化の方法論を習得できる。
  • 異業種・異分野の専門家とのワークショップにより、新たな知見を見出す機会が得られる。

受講対象者

継続して事業をおこなっている法人において事業開発や社内ベンチャー立ち上げを担当している中堅社員向けにデザインされています。
業種業態に制限はございません。非製造業であっても新規事業の創出は可能です。
また、コンサルタント、エンジニア、投資部門、あるいはMBAへの進学を検討されている方々からもご好評をいただいています。

受講者の声

  • ナーチャリングを目的とした参加費が無料や数千円のセミナーなどでは肝心なところを教えてくれないが、受講料に見合うかそれ以上のことを習得できたように思う。その結果として無駄な時間を使わずに済んだので大変有益だった。
  • コンサルティングを依頼する際にその委託費用はともかくとしてヒヤリングや資料の準備にかかる手間と時間に矛盾を感じていた。社内で完結できるようにしたいと考えていたところだったので参加できてよかった。
  • 企画部門への異動を控えていたので受講してみたところ、わかりやすく実際の業務に応用できるように思った。
  • 起業計画中のエンジニアですが自分のアイデアを検証する機会が持てた 。
  • 少人数制なので質問をする際に的確な回答があり、フラストレーションを抱えることがなかった。
  • 知らない企業や個人の主催する研修とは異なり法政大学での開催なので安心して参加できた。

募集人数

ワークショップのクオリティーを維持するため受講者数を50名までに限定しております。

講義の構成

  1. イノベーションとは
  2. 研究開発効率の低下
  3. 潜在需要の探索
  4. 未来予測
  5. 未来洞察
  6. 技術機会
  7. 新たな市場の機会領域
  8. スタンフォード大学における先進事例紹介

演習の構成

講義の途中で以下のグループワークを実施します。

  1. 未来予測による未来イッシュ―の導出
  2. 技術機会による社会変化の洞察
  3. マトリックスによる機会領域の探索

講師

法政大学院イノベーション・マネジメト研究科 教授 玄場公規

玄場公規教授

法政大学ビジネススクールで人気講義『経営戦略論』などを担当。

参考図書

イノベーション戦略入門: 新規事業創出プロセスとマネジメント』(Amazon 売れ筋ランキング 「新規ビジネス企業」部門第2位獲得)
※同書の抜粋をWeb連載『イノベーション戦略と新規事業創出』として公開しております。

開催日時

2020年8月29日 土曜日 午前10時~午後5時30分

参加方法

  • Zoom(利用無料)を利用したオンライン形式となります。
  • 接続先の情報等につきましては、お申込み後に個別にメールにてご案内いたします。
  • Zoomの利用方法等につきましてはZoomヘルプセンターをご参照ください。

参加条件

  • Zoomが円滑に使用できる環境が必要になります。
  • 演習に参加していただきますのでWebカメラとマイクをご用意ください。
  • スマートフォンでのご受講はお控えください。

参加費用

35,200円(税込)

お支払い方法

  1. クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal
  2. コンビニ:LAWSON、FamilyMart、サークルK、サンクス、Mini Stop、Daily Yamazaki、Seicomart
  3. ATM:Pay-easy、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、自分銀行

申込方法

Peatixで参加申込を受け付けております(利用料無料)。「参加申込のページに進む」ボタンを押してPeatixのサイトにお進みください。

参加申込のページに進む

※Peatix(ピーティックス)は、Peatix Inc.によるイベント管理等が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。

お問い合わせ先

事務局までメールにてお問い合わせください。

セミナー事務局 familybusinesshosei@gmail.com

主催

法政大学IM総研ファミリービジネス研究部会

共催

一般社団法人創業経営学湘南研究所